2007年09月22日

犬の力

医学界、料理界に貢献?!
意外な活躍の場


人の百万倍といわれる優れた嗅覚を持つ犬は、
様々な場所で活躍している。
代表的なのは、警察犬や救助犬、盲導犬、介助犬など。
プロフェッショナルとしてその能力を大いに発揮しているが、
意外なところでも、犬の嗅覚を活かした活躍の場があった。

癌探知100%

犬の鼻は、人の健康にも役立ってくれる。
日本人の死亡原因第1位の癌は早期発見が一番。
『癌探知犬』は、人の吐く息から癌のニオイを嗅ぎ分けてしまう。
OJPC福祉犬育成協会白浜育成センターの佐藤さんが、
もともと探索犬だったラブラドールRのマリーン(4歳♀)を訓練し、
昨年には、胃癌や肺癌、肝臓癌など13種類の癌を100%の確率で
当てることに成功した。
マリーンのほかに、同じくラブラドールRのシェル(4歳♀)パール(2歳♀)も、
100%の確率で、癌のニオイを嗅ぎ分けるという。

『犬は、ゲーム感覚で楽しく訓練を受けています。
一番大変だったのは、その子に合った訓練法を見つけること。
3匹とも性格が違うので、どうすれば早く簡単に覚えてくれるか、
初めは手探りでした』(佐藤さん)

現在は、3匹が嗅ぎ分ける癌の匂いを分析し、
”癌のニオイ分析器”への応用を研究中。
化学も及ばない犬の嗅覚が、未来の医療器具を
生み出すきっかけになるかもしれない。

高級キノコを探せ

一方、岩手県の民間団体『ドン・キホーテの会』では、
犬の嗅覚を活かした”トリュフ犬”の訓練の真っ最中。
同県岩泉町は、もともとトリュフが自生する山地であり、
会代表の工藤さんは、以前は子豚にトリュフ探しを訓練していた。
しかし、この子豚が失踪。その後、産まれたばかりのアイヌ犬・ナマリに、
トリュフのニオイを覚えさせ、訓練を始めたという。

『ナマリは現在7ヶ月ですが、トリュフのニオイには、
山の中でも反応するようになっています』(工藤さん)

キノコ・山菜販売業を営む工藤さんとナマリは、毎日、山の中へ。
ナマリは、トリュフのニオイを嗅ぎつけて、『ワンワン』と工藤さんへ知らせるだけでなく、
山中に出没するクマなども教えてくれるそうだ。

『子豚は行動範囲が狭く、機嫌をすぐに損ねていました。
その点、ナマリは行動範囲が広く、一緒に山の中に居て楽なんです』(工藤さん)

トリュフの成熟する昨年11月に、ナマリは”トリュフ犬”として
デビューする。

身近なところでも大いに役立つ犬の能力。
貴方の愛犬にも、新たな活躍の場があるかも。


そのほかにも・・・

海賊の侵入を防ぐ犬?

麻薬探査犬だけでなく、最近は輸入禁止の食品や
動植物を見つける探査犬も登場。
成田空港でもすでに2匹が活躍中。
ところが、英国ではさらにユニークな犬が登場した。
黒いラブラドールの『ラッキー』と『フロー』は、
なんと世界初の『海賊版DVD探知犬』。
海賊版撲滅を目指す業界団体が育成したもので、
箱の中の隠されたDVDをニオイで見つけ出す。
昨年春、ロンドンの国際空港で実施テストを行い、
見事に成功した。ただ、海賊版と正規版を嗅ぎわけられるのか
どうかは定かではない。

盲導犬は長生き

”働く犬”の代表格の盲導犬は、ストレスのため短命と
言われているが、全国盲導犬施設連合会の調査では、
約13歳と、一般の犬の12歳より1歳以上長生きという
結果が出た。
同会ではその理由として、健康管理が行き届いているからでは
ないかと分析している。

【産経新聞より抜粋】



ボストンテリアのジャスティス君


★スポンサーサイト★

 犬のペットショップ通販【Ds】 | ペットショップ犬販売【うちのわんこ】  | 車の買い替え


同じカテゴリー(犬の豆知識)の記事画像
ダックスフンド
動物取扱責任者研修報告
イングリッシュコッカー犬動画
エアデールテリア動画
ドッグランでのマナー
同じカテゴリー(犬の豆知識)の記事
 ダックスフンド (2007-11-05 15:48)
 動物取扱責任者研修報告 (2007-11-02 16:27)
 イングリッシュコッカー犬動画 (2007-10-25 15:53)
 エアデールテリア動画 (2007-10-23 14:27)
 ドッグランでのマナー (2007-09-27 19:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。